アンガーマネジメントとは


怒りすぎて、失敗したことはありませんか?

 

「怒る」という言動は、そもそも人間にとって、いや動物にとって生来、自然に備わっている行為です。

 

人は誰かに教わることなく、「怒る」という行為をおこなっています。

 

しかし、非常に多くの人が「怒り」で後悔をしています。

 

例えば、会社・職場で言えば

 

・部下を怒ったら、辞めてしまった

・部下を怒ったら、出勤してこなくなった

・部下が悪いので怒ったら、なぜか自分が上司に怒られた

・部下を怒ったら、パワハラだと訴えられた

・部下を怒ったら、部下が病院に行き、診断書を持ってきた

 

ということはよくある話です。

 

部下が急に辞めてしまったら、その「しわ寄せ」は誰に来るのでしょうか。

 

そうです。

 

部下が急に辞めてしまったその「しわ寄せ」は、会社に残った人たちに来るのです。

 

【アンガーマネジメント 入門講座のお申し込みは】

こちらへ


診断書を出されたら、怒った方が悪くなる。

 

今の時代、精神科や神経内科、心療内科に行って

 

「生きているのが辛い」

 

と言って、溜め息でもつけば簡単に「適応障害」の診断書が出ます。

 

全ての会社は、パワハラを嫌います。

 

当然です。

 

パワハラは、改善されるべき事案です。

 

しかし、言われた相手、すなわち怒られた相手がどう受け止めるかで、パワハラかどうかが変わるのが事実です。

 

仮にメチャクチャ怒られたとしても、そこに「信頼関係」があれば、怒られた方もパワハラだとは思わないのです。

 

【アンガーマネジメント 入門講座のお申し込みは】

こちらへ


アンガーマネジメントでは怒ると叱るを区別しません。

 

アンガーマネジメントでは、「怒る」と「叱る」を区別してはいません。

 

巷では、

「怒る」は感情に任せてものを言う

「叱る」は相手のことを思ってものを言う

とされていますが、

 

正直なところ、怒られた方は「怒る」でも「叱る」でもそんな区別はどうでもよく、最終的な感情は「ムカつく」なのです。

 

先ほどにも挙げたように、もし「怒る側」と「怒られる側」の信頼関係が強固なのであれば、「怒る」でも「叱る」でもどちらでもよく、最終的な感情は「ゴメンなさい」という反省なのです。

 

そのためアンガーマネジメントでは、「怒る」と「叱る」を区別していないのです。

 

【アンガーマネジメント 入門講座のお申し込みは】

こちらへ


「怒り」は身内になるほど強くなります。

 

お子さんに関して、こんなことはありませんか?

 

・子どもをついつい怒りすぎてしまった

・子どもにイライラしっぱなし

・子どもへの怒りがどうしても抑えられない

・何度、怒っても子どもが変わらない

・怒り過ぎて疲れた…

・どう怒ればよいのか分からない

・子どもを怒るのに、つい手が出てしまった

など

 

お子さんに関しての相談は、よく受けます。

 

そもそも「怒り」は身内になるほど強く出るものです。

 

では、なぜ、「怒り」は身内にほど強くですのでしょうか。

 

【アンガーマネジメント 入門講座のお申し込みは】

こちらへ