オンラインカウンセリング


お持ちのWISC4(ウィスク4)検査およびWAIS4(ウェイス4)の結果を心理士が詳細にお伝えします!

 

「WISC4(ウィスク4)検査、WAIS4(ウェイス4)をとったけど、細かい情報を教えてもらえなかった」

という方はいませんか。

 

こういったことは、病院やクリニックでWISC4(ウィスク4)検査やWAIS4(ウェイス4)検査をとった方からよく聞きます。

なぜ、病院やクリニックではWISC4(ウィスク4)検査およびWAIS4検査の詳細を聞けないのでしょうか。

 

【WISC4(ウィスク4)検査のオンラインカウンセリング】

こちらをクリック

病院やクリニックでWISC4(ウィスク4)検査の詳しい結果を聞けない理由は、3点あります。

その3点とは何なのでしょうか。

 

1)病院は「診断」をする場所

2)WISC4(ウィスク4)検査のアセスメントで「診療点数」はとれない

3)そもそも医師の「国家試験」にWISC4(ウィスク4)の読み取りはない

 

【WISC4(ウィスク4)検査のオンラインカウンセリング】

こちらをクリック

では、上記で提示した3つについて、詳しく解説をいたします。

 

1)病院は「診断」をする場所

 

病院は病気の「診断」をすることによって、診療点数を得ることができます。

すなわち「病名」がつかないと診療点数がつかないため、病院の売り上げにならないのです。

 

そもそも病院は病気を治すところです。

しかし、病気でないと治すことができないのです。

 

病院もボランティアではありません。

売り上げをあげないとやっていけないのです。

 

病気の診断はWISC4(ウィスク4)ではできません。

そのため診断に関係のWISC4(ウィスク4)の説明はしないのです。

 

WISC4(ウィスク4)検査のオンラインカウンセリング】

こちらをクリック

2)WISC4(ウィスク4)検査のアセスメントで「診療点数」はとれない

 

WISC4(ウィスク4)検査には診療点数がついてします。

そのため、WISC4(ウィスク4)検査を病院やクリニックでとった場合は、医療と同じ3割負担ですむので、安くなるのです。

 

しかし、WISC4(ウィスク4)検査の結果の詳細報告に診療点数がつかないのです。

そのため病院の売り上げにならないので、ほとんどの病院ではWISC4(ウィスク4)検査の詳細な説明はしないのです。

 

しかも、もしWISC4(ウィスク4)検査の詳細な説明をするのであれば、最低でも1時間は必要です。

 

考えてみてください。

病院で医師が1時間もじっくりと話しを聞いてくれることってありますか。

 

多分、ないですよね。

 

WISC4(ウィスク4)検査のオンラインカウンセリング】

こちらをクリック

3)そもそも医師の「国家試験」にWISC4(ウィスク4)の読み取りはない

 

医師の国家試験には、WISC4(ウィスク4)の検査結果の読み取りはありません。

 

発達障害が精神疾患の一分野になります。

そのため発達障害の診断は

 

アメリカの精神医学会が作成した DSM5

WHO(世界保健機関)が作成したICD11

によってなされます。

 

DSM5やICD11は大きな本屋に行けば売っています。

中を見ればお分かりのように発達障害の診断にWISC4(ウィスク4)検査は使わないのです。

 

そのため医師の中にはWISC4(ウィスク4)検査を読み取ることができない方が多数いるのです。

 

WISC4(ウィスク4)検査のオンラインカウンセリング】

こちらをクリック