レッスンで使用できる「迷路」


空間認識力を育てるのは迷路が一番!

 

知能検査であるWISC3(ウィスク3)にはエリクソン迷路という有名な迷路がありました。

 

さまざまな理由で「迷路」は、WISC4(ウィスク4)に引き継がれることはありませんでしたが、それでも「迷路」は子どもの「空間認識力」を育てるのに、とても有効です。

 

しかし、昨今、「迷路」をやらない子が非常に増えています。

 

皆、「迷路」は難しいとかめんどくさいとかという理由で避けているのです。

 

だからこそ、敢えて時間を作り、発達障がいや学習障がい、グレーゾーンの子ども達に「迷路」をやらせるのです。

 

勉強が嫌いな子でも「迷路」ならやるのです。


将棋の藤井聡太 七段は幼児期に迷路をずっとやっていた!?

将棋界では非常に有名な藤井聡太(ふじいそうた)七段は、幼少期にずっと「迷路」をやっていました。

 

チラシの裏に何時間もずっと「迷路」を書いていたのです。

 

迷路は、WISC3には検査項目としてありました。

 

色々な理由で迷路はWISC4には、検査項目としては外れたのですが、

 

それでも「迷路」は子どもの認知発達に良い効果を生むのです。



迷路でWISC4のどんな項目が伸びるのか?

迷路をやることによって、WISC4(ウィスク4)検査のPRI(知覚推理指標)のアップが見込めます。

 

PRI(知覚推理指標)が低い子どもは、どんどん迷路をやらせてみてください。

 

 



ダウンロード
迷路プリント 1-20
迷路のプリントが20枚分です。
ダウンロードしてお使いください。
迷路トレーニング_1-20.pdf
PDFファイル 8.2 MB