お子さんへのサポート


発達心理サポートセンターでWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査を受ければ、結果はその日のうちに必ず受け取れます。

 

発達心理サポートセンターでは、WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査を実施した日に検査結果を必ず受け取ることができます。

 

なお、WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査実施日のスケジュール(例)は以下の通りです。

 

例えば、朝9:00から検査を受けた場合

9:00~10:30 WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査

10:30~11:00 分析の時間(一人にして下さい)

11:00~12:00 結果のお渡しと詳細説明

 

10:00に検査をスタートした場合は、上記のスケジュールから1時間ずつズレます。

 

10:00~11:30 WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査

11:30~12:00 分析の時間(一人にして下さい)

12:00~13:00 結果のお渡しと詳細説明

 

もし、13:00に検査をスタートした場合だと

 

13:00~14:30 WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査

14:30~15:00 分析の時間(一人にして下さい)

15:00~16:00 結果のお渡しと詳細説明

 

になります。

 

WISC-Ⅳ(ウィスク4)の検査結果は、その日のうちに紙面でお渡しします。

 

当然、その検査結果は学校や放課後等デイサービスなどにも提出可能な書類です。

 

WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査とは

 


多くの方がご自宅でWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査を受けています。

WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査は、ご希望の場所で実施できます。

 

発達障害を抱える子どもは、新しい場所が苦手な場合が多いです。

 

初めての場所、初めて会う人、初めてやること、それで「緊張」しない子どもはいません。

 

たくさんの「緊張」を抱えた、そんな状態で正しい検査の結果は出るでしょうか。

 

もし、出るのであれば、その子は発達障害ではないかもしれません。

 

そのため発達心理サポートセンターでは、WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査の場所をご希望に沿うことが可能です。

 

例えば、

・ご自宅(大きめの食卓が必要です。)

・近隣の貸し会議室

・お通いの放課後等デイサービス

・お通いの塾

・お通いの学校

などです。

 

結果、お子さんの負担を大きく軽減した状態でWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査の実施ができるのです。

 

WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査とは

 


発達心理サポートセンターでWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査をとった方が良い理由

 

発達心理サポートセンターでWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査の結果の詳細説明(アセスメント、フィードバック)を実施した際は、結果の詳細説明だけではなく、

 

・お子さんに問題行動がある場合、その原因と対処方法

・お子さんの問題行動は、親御さんの躾(しつけ)のせいではないということ

・お子さんの苦手なところとその改善方法

・お子さんの得意なところとそれをさらに伸ばすトレーニング方法

 

などもお伝えしています。

 

発達障害は、発達しないわけではないのです。

 上手にトレーニングをすれば、発達します。

 

しかし、その発達が遅かったり、発達が独特だったり、テクニックを要するトレーニングが必要だったり、するだけなのです。

 

発達心理サポートセンターでは、そんなお子さんの状況を全て把握した上で、適切なトレーニング方法などもお伝えしております。

 

そして、そのトレーニングを放課後等デイサービスや療育、塾などで実施してもらうのです。

 

必要であれば、発達心理サポートセンターから放課後等デイサービスや療育、塾などにトレーニング方法をお伝えするサービスもございます。

 

ご希望であれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

【お問い合わせ先】

kuruma48@gmail.com(心理士:車)

 

WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査とは

 


WISC-Ⅳ(ウィスク4)を病院やクリニックでとった結果は…

 

非常に多くの方がWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査は、病院(児童精神科 等)やクリニックでとった方が正確だと勘違いしています。

 

病院やクリニックであれば、WISC-Ⅳ(ウィスク4)の診療点数(450点)がつくので、安く受けられて、さらに信頼できると思いがちです。

 

しかし、WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査を実際に病院やクリニックでとった非常に多くの方が

 

・病院でWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査をしたけど、結果はもらえなかった

 

・病院やクリニックで検査をしたら、1ヶ月後の診察の日までWISC-Ⅳ(ウィスク4)結果を教えてもらえなかった

 

・病院やクリニックでWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査をしたのに、医師からは「発達障害の疑いがありますね」としか言われなかった

 

・病院やクリニックでWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査をしたけど、子どもの苦手な部分の鍛え方やトレーニング方法は教えてもらえなかった

 

・病院やクリニックでWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査をしたのに放課後等デイサービスや児童発達支援などの情報は何ももらえなかった

 

・病院やクリニックでWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査をするのに半年も待った

 

ということを訴えているのです。

 

 

発達心理サポートセンターでは、スケジュールさえ合えば、すぐにWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査を実施することができます。

 

そして、WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査の結果もその日に受け取れ、1時間かけて詳細説明を受けることができます。

 

当然、結果の説明の際には、どんなトレーニングをすればその子の課題がクリアできるのかというトレーニング方法もお伝えします。

 

だから、多くの方が発達心理サポートセンターでWISC-Ⅳ(ウィスク4)検査を受けているのです。

 

【申込方法】

こちらのフォームにご記入ください。

 

【ご質問は下記まで】

kuruma48@gmail.com(心理士:車重徳)

 

 

WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査とは

 


病院やクリニックの役目を知っていますか。

 

さて、皆さんは病院やクリニックの役目は何だと思いますか。

 

そうです。

 

病院やクリニックの役目は「病気」を治すことなのです。

 

病気を治すには、まずは「診断」をしないといけません。

もっと言ってしまえば、病院やクリニックは「診断」をしないと「診療報酬」を受け取ることができません。

 

病名がつかない、ということは、「病気ではない」のです。

病気でないということは、当然、「治療」できません。

 

そのため診療報酬がとれない、すなわち診療が「無料」になってしまうのです。

 

だから、その子が仮に軽度であっても、全く問題ない状況であったとしても病院やクリニックでは「病名」を付けるのです。

「病名」がないと、病院やクリニックでは売上にならないからです。

 

発達障害でいえば、特に問題のない軽度の発達障害であったとしても、病院やクリニックでは上記の理由から「診断」をするのです。

 

しかし、「診断」すれば病気や発達障害が治るわけではありません。

当然、薬で病気や発達障害が治るわけではありません。

 

よって、病院やクリニックの医師は、ただ「診断」をするだけなのです。

 

発達心理サポートセンターでは、「診断」はできません。

 

病気の「診断」は、医師法に基づいて行われるため、病院やクリニックでないと実施できないのです。

 

発達心理サポートセンターでは、WISC-Ⅳ(ウィスク4)の結果をお伝えし、そしてそのWISC-Ⅳ(ウィスク4)の結果を元にしたその子のトレーニング方法をお話するだけなのです。

 

どんなトレーニングをすれば、その子のどんな能力た伸び、どんな未来がやってくるのか、をお伝えするのです。

 

発達心理サポートセンターが多くの方に支持されている理由は、そこにあるのです。

 

WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査とは

 


出張検査 WISC-Ⅳ

 

WISC-Ⅳ(ウィスクフォー)という検査は、発達障がいがあるかどうかを調べる検査ではありません。

 

実は、お子さんの「何ができて、何ができないのか」を細かく調べていく検査なのです。

 

例えば、「勉強を精一杯頑張っているのに結果がついてこないのか、それともサボっているのか」ということがWISC-Ⅳ(ウィスクフォー)で分かります。

 

また、「今まで分かっていると思っていた意外なことが、実はあまり理解していなかった」なんてことも明るみに出るでしょう。

 

結果、これからどんな対策をしていけば良いのかが見えてくるのです。

 

発達心理サポートセンターでは、検査をするだけではなく、その対策や方法まで、分かりやすくご説明しましょう。

 

【WISC-Ⅳ(ウィスクフォー)検査について】

・適用年齢:5歳~16歳11ヶ月

・検査時間:60分~90分

・検査の日時:ご希望の日時(要相談)

・検査の場所:ご希望の場所(要相談)

 

【出張検査および詳細説明の料金】

・検査および詳細説明:20,350円(税込み)

・詳細説明のみ(60分):9,900円(税込み)

 ※検査結果をすでにお持ちの場合

 

 ※検査官の交通費が別途必要

 ※料金は全て事前振込制

 

【詳細説明(アセスメント)】

・LINE電話での詳細説明(30分):3,300円

・対面での詳細説明(60分):9,900円

  ※検査官の交通費が別途必要

 ※料金は全て事前振込制

 

 

【申込方法】

こちらのフォームにご記入ください。

 

【ご質問は下記まで】

kuruma48@gmail.com(心理士:車重徳)

 


アンガーマネジメント

 

普段は機嫌が良くて、素直ないい子なのに、一度、キレてしまうと大暴れして、手がつけられなくなってしまう子はいませんか。

 

本人も不条理だと分かっていても、どうにも怒りが収まらない…

 

大暴れして散々周りに当たった後、何事もなかったようにケロッとして、忘れている子。

 

一方、怒り狂ってしまったことでお友だちが離れてしまい、一人ぼっちになってしまった子。

 

こういった子どもには「怒りを上手にコントロールするための技法・アンガーマネジメント」が必要です。

 

「怒り」という感情は失くすことはできません。

 

よって、上手に「怒り」と付き合うしかないのです。

 

発達心理サポートセンターでは、その「アンガーマネジメント」の手法を子ども達に授けます。

 

【アンガーマネジメント】

・まずは、親御さんにアンガーマネジメントの入門編をお教えします。難しくはありません。

 

まずは、セミナーを受講し、ご自身のお子さまにアンガーマネジメントをやってみてください。

 

【申込方法】

こちらのページにご確認ください。

 

【ご質問は下記まで】

kuruma48@gmail.com(心理士:車重徳)