発達障害や精神疾患がある方の就職サポート


特性があっても、社会で活躍することは可能です!

 

障害者雇用促進法という法律をご存知でしょうか。

 

簡単にいうと、従業員が45.5人以上いる会社では、障害者を従業員全体の2.2%以上雇用しないと、企業側に罰金のようなものが科せられるというものです。

※2021年4月からは2.2%が2.3%に引き上げられます。

 

そして、企業は罰金は嫌だ、少しでも役に立つのであれば障害者を雇用しよう、という考えになり、今、障害者雇用を進めている会社は少しずる増えているのです。

 

しかし、それでもまだまだ受け入れ先は少ないのが実情です。

 

そこで、発達心理サポートセンターでは障害を持っている方に、少しでも良い待遇で働いてもらいたいと思い、障害者専門の求人サイトをまとめてみました。

 

会員登録だけでも良いと思います。

 

まずは、どんな会社があるのか、それはどんな業種なんか、そして仕事内容はどうなのかということだけでも知っておきませんか。

 

情報は早く得ておいた方が、準備や心構えもできますし、後々に良い選択肢を選ぶことも可能です。

 

是非、ご確認ください。

 


発達障害やグレーゾーンの方は、社会に出てからがとても大変なのではないでしょうか。

 

学生時代は、身分は学生です。

高校や専門学校、大学を辞めない限りは身分は学生なのです。

 

しかし、就職に関しては、採用されない限りは無職になるのです。

 

さらに就職に関しては、細かいサポートをしてくれるケーズは非常に少ないのです。

しかし、「リンクビー」は違います。

 

個々人の状況を踏まえた上で適切なサポートをしてくれるでしょう。

 

グループ会社として、さまざまな状況に対応できるはずです。

まずは、問い合わせてみてください。

 

なお、手帳があるないは関係ありません。

手帳がなくてもサポートをしてもらえる場合もあります。

 

しかし、その場合は費用が発生することもあります。

費用が重荷になるのであれば、お断りすることも当然、可能です。

 

ご興味がある方は、下記のバナーをクリック後、

各々の会社の特徴をご確認ください。

 

また、お時間があれば、見学に行ってみてくださいね。