· 

VCI(言語理解指標)の「理解」が低い子どもの対応法とは

 

WISC4(ウィスク4)検査において
結果の読み取りは
本当に難しいものです。

臨床心理士さん、公認心理師さんでも
WISC4(ウィスク4)検査の読み取りは
間違えることも多々あります。

なぜ、間違えてしまうことが
あるのでしょうか。

それは、臨床心理士になる際の
指定大学院で

WISC4(ウィスク4)検査の読み取り方や
親御さんへのアセスメントの仕方を
ちゃんと教わっていないからです。

臨床心理士さんや公認心理師さん
ご本人の能力の問題ではなく
大学院のカリキュラムの問題だったのです。

では、そのWISC4(ウィスク4)検査の中でも
検査を実施する方は
最も難しいと感じる検査
「理解」についてご説明いたします。

 


WISC4(ウィスク4)理解セミナーに興味がある方はこちらから

 


【WISC4(ウィスク4)検査にある理解とは…】

WISC4検査は、合計15の
下位検査から成り立っています。

そも15ある下位検査は
10の基本検査と
5の補助検査で構成されています。

WISC4検査の「理解」は
その15ある検査の中で
最も難しいものと言えるでしょう。

では、その「理解」という項目で
子どもの何が分かるのでしょうか。

簡単にいうと「理解」という検査で
その子どもの
「対社会的な一般常識力」が分かります。

そのため「子どもの問題行動」の原因が
WISC4検査における

「理解の低さ」=一般常識力の低さ

にあると推定されるケースも
往々にしてあるのです。

 

 

ご自宅でWISC4(ウィスク4)検査をとって欲しい方はこちらをクリック


【一般常識は教えているが…】

親御さんの中には
子どもに一般常識を色々教えているが
なかなか定着しない
とおっしゃる方が多数います。

例え、子どもの一般常識力が低くても
悲しまないでください。

子どもの一般常識力が低いのは
親御さんがちゃんと教えていない訳でも
親御さんの躾の問題でもありません。


例えば、子どもの短期記憶が
低いのであれば

何かを教えても
なかなか覚えないでしょう。

また、一度覚えたことであったとしても
長期記憶が低いのであれば

数ケ月経てば
全部忘れてしまうこともあるでしょう。

全部忘れてしまうどころか
覚えたという事実とか
教えてもらったという事実まで
忘れてしまうのです。

それは、本人の努力の問題でもなく
もって生まれた、その子の特性なのです。

短期記憶というのは
WISC4において
WMI(ワーキングメモリ指標)です。

長期記憶というのは
WISC4における
VCI(言語理解指標)にある
単語と知識になります。


【一般常識を子どもに教えつつ、短期記憶も鍛えよう】

どうせ忘れてしまうので
一般常識を教えても
しょうがないのでは、
と考える方も
少なからずいるでしょう。

しかし、テクニックを用いて
記憶させることは可能です。

また、WMI(ワーキングメモリ指標)は
トレーニングによって
上げることが可能です。

長期記憶への移行や保持については
テクニックを用いるのです。

詳細は、また別の記事で書きますね。


さて、一般常識力が低いお子さんに対して
やれることはあります。

色々と試してみてくださいね。

 

 

WISC4(ウィスク4)検査をご自身でとりたい方はこちらをクリック


発達心理サポートセンターでは
毎週、WISC4(ウィスク4)検査などの
オンラインセミナーを実施しています。

ご興味ある方は
是非一度、受講なさってみてくださいね。

お待ちしております。

発達心理サポートセンター

心理士/カウンセラー 車重徳