· 

WISC4(ウィスク4)検査の適用年齢は

 

子どもの問題行動やトラブル、
または
時間が守れない
約束が守れない
勉強が定着しない

などの理由で
WISC4(ウィスク4)検査を
希望する方は
とても多いです。

WISC4(ウィスク4)検査は
そういった子どもの
問題行動やトラブルの原因は何なのか。

親の躾が理由ではないということを
証明することができるのです。

今回は、WISC4(ウィスク4)検査の
適用年齢について書いていきます。


【WISC4(ウィスク4)検査の適用年齢とは】

WISC4(ウィスク4)検査の
適用年齢は
5歳から16歳11ヶ月です。

5歳未満の子どもや
17歳以上の子どもは
WISC4検査は
実施できないことになります。

しかし、WISC4検査と同じ
ウェクスラー式知能検査であれば
検査を実施することは可能です。

ウェクスラー式知能検査は、
全部で3種類あります。

その3種類のウェクスラー式知能検査と
適用年齢は下記になります。

WPPSI-Ⅲ(ウィプシー3) 2歳6ヶ月〜7歳3ヶ月
WISC-Ⅳ(ウィスク4) 5歳〜16歳11ヶ月
WAIS-Ⅳ(ウェイス4) 16歳〜89歳

ウェクスラー式知能検査の中で
もっともメジャーなのは
WISC4検査だと思います。

 

 

WISC4(ウィスク4)検査理解セミナーはこちらをクリック


【WISC4(ウィスク)検査の正しい表記は?】

先程からずっと
WISC4検査と記載しています。

ちなみに、正式にはWISC-Ⅳと書きます。
数字は、ギリシャ数字が正しいです。

しかし、ギリシャ数字への変換の問題で
私はWISC4と記載しています。

WISC-ⅣもWISC4も同じ検査だと
ご認識くださいね。


あと、たまにWISK検査とか
WISK-Ⅳ検査と書いている方がいます。

こちらは、ただの勘違いだと思います。

WISC4検査はウィスクフォーと
発音します。

そのためウィスクのクの文字を
Cではなく、Kだと思われたはずです。

正しい綴りは
WISC4となります。

そのWISCというものは
検査名ではあるのですが
略称になっています。

正しくは
Wechsler Intelligence Scale for Children
- Fourth Edition
となります。

1つひとつ単語を解釈すると

ウェクスラー博士の
子どものための知能尺度
第4編

という漢字です。

だから、WISC4検査のCは
Kではない、ということです。

 

 

WISC4(ウィスク4)検査をご自宅でとりたい方はこちらをクリック


★☆
発達心理サポートセンターでは、
出張にてWISC4検査を実施しています。

ご興味がある方は
お気軽にご連絡下さい。


発達心理サポートセンター
心理士/カウンセラー 車重徳