· 

016【WISC-Ⅳ】WISC4(ウィスク4)検査の資格要件



 

WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査を
自分で実施できるようになりたい

という方は
非常に多いと思います。

WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査は
誰でも気軽に
実施できる検査ではありません。

では、WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査を
実施するにあたっての
資格要件などはあるのでしょうか。

今回は、WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査を
実施する際に必要な資格について
ご説明いたします。


【WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査をとって良いのは?】

WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査は
心理士でないと
とってはいけないという人がいます。

ここで言う心理士とは
・公認心理師
・臨床心理士
でしょう。

公認心理師は、2015年に
公認心理師法が成立して

2017年に施行された
かなり新しい心理職のための
国家資格です。

一方、臨床心理士は1988年からある
民間資格です。


臨床心理士が民間資格だということを
知らない人はきっといるでしょうね。

それが、待望の国家資格化したのです。


さて、本題です。

WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査は
・公認心理師
・臨床心理士
以外でもとって良いのです。

 


WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査結果 理解研修 はこちらから

 


【WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査の検査者レベルとは?】


WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査を
管理監督している日本文化科学社
WISC-Ⅳ検査の検査者レベルというものを
定めています。

その検査者レベルは
3段階 (A、B、C)に分かれていて
検査によって異なるのですが

WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査は
最難易度である
検査者レベルCとされています。


では、検査者レベルCの
内容はどうなっているのでしょうか。

検査者レベルCは

・保健医療、福祉、教育等の専門機関において
心理検査の実施に携わる業務に従事する人
(レベルA)

かつ

・大学院修士課程で心理検査に関する
実践実習を履修した方
もしくは
心理検査の実施方法や倫理的利用について
同等の教育、研修を受けている方
(レベルB)

かつ

・心理学、教育学または関連する分野の博士号、
心理検査に係る資格(公認心理師、臨床心理士、
学校心理士、臨床発達心理士、特別支援教育士)、

または

医療関連国家資格(医師、言語聴覚士等)の
いずれかを有する方、

あるいは

国家公務員心理職(家庭裁判所調査官等)、
地方公務員心理職(児童心理士等)の職で
心理検査の実施に携わる方。

(レベルC)


とあります。

 

 

WISC-Ⅳ(ウィスク4)検査を自分でとれるようになりたい方はこちらをクリック


【公認心理師、臨床心理士以外でもWISC-Ⅳ検査して構わない】

上記を読んだ結果
結論として

WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査は
・公認心理師
・臨床心理士
以外でもとって構わない
ということになります。


しかし、WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査をするなら
しっかりした教育機関

十分な教育、研修が必要
だということです。


ご自身でお持ちの資格で
WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査の実施が
できるかどうかご不安の方は

発達心理サポートセンターまで
お気軽にお問い合わせください。
kuruma48@gmail.com


発達心理サポートセンターでは
WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査を実施するために
WISC-Ⅳ検査 とり方研修 を実施しています。

オンライン版もあるので
気になる方は
まずはそのページをご覧ください。

 

 

ちなみに発達心理サポートセンターには

・公認心理師

・臨床心理士

だけでなく看護師、言語聴覚士(ST)、保育士、特別支援教育士など

上記のレベルCに該当するさまざまな資格を持つスタッフが

在籍しております。

 

ご安心ください。


【WISC-Ⅳ (ウィスク4) 検査 とり方研修】
こちらから

 

★☆
発達心理サポートセンター
心理士/カウンセラー 車重徳