· 

WISC4(ウィスク4)検査と記憶について


ウチの子、
勉強はしているようだけど
漢字や英単語、
全く覚えてないな…

と感じる親御さん、
多いのではないでしょうか。

または、この前
たしかに覚えたはずなのに
なぜ、たった1週間で
全て忘れてしまうの?

と疑問を持つ親御さんも
多いはずです。

さて、記憶とは
どういった仕組みで作動する
のでしょうか。

WISC4(ウィスク4)検査では
記憶はどう表記されているのでしょうか。

詳しくご説明いたします。


【WISC4(ウィスク4)検査における記憶とは…】

 

実は、記憶の考え方はいくつかあり、

まだ正式な見解というものが

確定はしていません。

 

なぜなら、脳の仕組みが

完全に分かっているわけではないからです。

 

WISC4(ウィスク4)検査を

CHC理論に基づいて

クラスター分析すると

 

短期記憶は「数唱」と「語音整列」

長期記憶は「単語」と「知識」

になります。

 

「数唱」と「語音整列」

WISC4(ウィスク4)検査における

WMI(ワーキングメモリ指標)の

基本検査の2つですね。

 

一方、長期記憶の「単語」は基本検査ですが

「知識」は補助検査なので

多分、とらないことも多い

にではないでしょうか。

 

WISC4(ウィスク4)検査は

一度とったら次の検査まで

原則2年はあけないといけません。

 

次の検査は2年後、

と考えると

 

のっぴきならない理由がない限り

子どもの情報は

たくさんあった方が

良いと思います。

 

そのためWISC4(ウィスク4)検査を

する側の心理士さん等は

 

子どもの主訴に基づいた

補助検査を検討した方が

良いかもしれませんね。

 

 

【短期記憶と長期記憶のバランス】

 

短期記憶が高い

長期記憶も高い

子どもは全く問題ないでしょう。

 

短期記憶が高い

長期記憶が低い

子どもはどうすれば良いのでしょうか。

 

こういった子どもは

短期として入れた情報が

どこかで抜けてしまい

長期化していない

ということになります。

 

そのため、まずは

どのタイミングで

記憶から抜け落ちるのかを

確認する必要があります。

 

短期記憶が低い

長期記憶が高い

子どもは

 

最初、覚えるのに時間はかかるのですが

一度覚えたらなかなか忘れない

ということになります。

 

最後に

短期記憶が低い

長期記憶も低い

子どもは記憶全般が苦手になります。

 

短期記憶も長期記憶も低い子どもは

勉強だけでなく

日常的な行動習慣なども

なかなか定着しないでしょう。

 

 

【出張でWISC4(ウィスク4)検査を実施したい方は】

こちらをクリック

 

 

【WMI(ワーキングメモリ)、短期記憶ののばし方】

 

先程から出てきている

短期記憶は

WISC4(ウィスク4)検査でいうと

WMI(ワーキングメモリ指標)になります。

 

WMI(ワーキングメモリ指標)を

伸ばすのに

最も効果的な方法は

 

Nバック記憶トレーニング

です。

 

Nは変数のNです。

 

 

これは、片方が簡単な計算問題を

口頭で出していきます。

 

そして、回答者(子ども)は

その簡単な計算問題を回答しつつ

答えを記憶していく

というものです。

 

例えば、質問者を先生、

回答者を子どもとした場合

 

先生「今から簡単な計算問題を出します。

   その答えを言いつつも覚えていって下さい。」

 

先生「では、初めます。

   1+4=」

子ども「5」

 

先生「2+6=」

子ども「8」

 

先生「4+3=」

子ども「7」

 

先生「3問前の答えはいくつですか?」

子ども「5」

 

という感じです。

 

これは、変数のN=3の場合です。

 

問題の出し方によっては

N=4だったり、N=6だったりするわけです。

 

当然ですが、

変数Nの値が大きくなると

 

覚える答えの量も増え

問題の難易度は上がります。

 

 

その他のトレーニングもありますが

長くなっちゃうので

他の記事で書きますね。

 

発達心理サポートセンターのセミナーでも

色々なトレーニング方法を

お伝えしています。

 

是非、受講をご検討ください。

 

【WISC4(ウィスク4)検査のセミナー情報

こちらをクリック

 

 

★☆

発達心理サポートセンター

心理士/カウンセラー 車 重徳