· 

033【不登校】不登校の原因と理由

 

子どもが不登校になったら

多くの親が驚きます。

 

そして、

なぜ、不登校になったのか?」

「学校に行きたくない、その理由は何なのか?」

と子どもを問い詰めるでしょう。

 

では、子どもを問い詰めた結果、

子どもから納得がいく答えを

得ることはできましたか?

 

表面的な言い訳のような

「不登校になった理由」

は子どもから聞けるかもしれません。

 

しかし、それは、

子ども自身が抱える

本当の「不登校の理由」なのでしょうか。

 

 

【子どもの不登校の原因は大別すると3つ】

 

子どもに不登校の理由を聞いても

 

「授業がつまらない」

「〇〇くんが悪口を言った」

「〇〇さんとケンカした」

「担任の先生がムカつく」

 

など、当たり障りがないというか、

本質的な回答が出てこないことがあります。

 

 

不登校についての研修会はこちらをクリック

 

 

それでは、子どもの不登校の原因は

いったい何なのでしょうか。

 

子どもの不登校の下人は、

大別すると3つに分かれます。

 

まず、第一に

「授業についていけない」

です。

 

ここに関しては、結構な割合の子どもが

「授業についていけないので

学校にはもう行きたくないです」

とは言えないでしょう。

 

子どもにもプライドがあります。

 

「授業についていけない」

と言ってしまうと

 

「自分が勉強を

さぼっていると思われてしまう」

という思考も生まれるでしょう。

 

そうなるとなかなか本音は

言えないですよね。

 

ちなみに

「学校の授業についていけない子」の

大半は板書をとるのが遅いです。

 

そうです。

 

授業中、先生が黒板に書いた内容を

ノートに書きとることが遅いのです。

 

では、黒板に書かれた内容を

ノートに早く書き写すことができるのかどうか、

どうやって調べれば良いのでしょうか。

 

それは、WISC4(ウィスク4)検査で

分かるのです。

 

WISC4検査における

PSI(処理速度指標)は

 

学校の授業において

ノートをとるスピードに直結します。

 

検査結果をお持ちの方は

是非、一度、PSI(処理速度指標)を

ご確認ください。

 

 

さて、不登校の原因の2つ目は

「友達とのトラブル」

 

3つ目は

「先生との相性」です。

 

これらについても

WISC4(ウィスク4)検査で分かることがあります。

 

しかし、長くなりすぎてしまったので

また、別のところで書きましょう。

 

 

WISC4検査を自宅で受けたい人はここをクリック

 

 

★☆

発達心理サポートセンター

心理士/カウンセラー 車重徳