· 

【WISC-Ⅳ】WISC4(ウィスク4)検査で分かること

 

学校の先生から

WISC4(ウィスク4)検査を勧められました、

 

なぜ、WISC4(ウィスク4)検査を

とるのでしょうか。

 

また、WISC4(ウィスク4)検査をとると

何が分かるのでしょうか。

 

この記事でご説明しましょう。

 

 

【WISC4(ウィスク4)検査とは】

 

WISC4(ウィスク4)検査とは

ウェクスラー式の知能検査です。

 

WISC4(ウィスク4)検査で

現在の子どもの知能が分かるのです。

 

WISC4(ウィスク4)検査における

FSIQというものが

 

その子のIQになります。

 

そして、そのFSIQというトータルのIQは

・VCI(言語理解指標)

・PRI(知覚推理指標)

・WMI(ワーキングメモリ指標)

・PSI(処理速度指標)

の4つの指標得点というものに分かれるのです。

 

さらに細かい検査の項目もありますが、

まずは、FSIQと4つの指標得点で

その子どもを総合的に判断します。

 

 

WISC4(ウィスク4)検査を自宅でとるからここをクリック

 

 

【子どもの勉強がなかなか定着しない場合】

 

子どもの勉強が

・なかなかできるようにならない

・なかなか定着しない

・覚えたことをすぐに忘れてしまう

・教えてもなかなか理解できない

ということは、結構あるのではないでしょうか。

 

WISC4(ウィスク4)検査で

上記のような疑問、

 

なぜ、子どもの勉強がなかなか定着しないのかが

分かるのしょう。。

 

また、

・なぜ、忘れ物ばかりしてしまうのか

・なぜ、口頭の指示が入らないのか

・なぜ、人の気持ちをくめないのか

・なぜ、自分が困ると分かっているのに動かないのか

ということもWISC4(ウィスク4)検査で分かるのです。

 

その他にもWISC4(ウィスク4)検査から

分かることはたくさんあります。

 

何か気になることがあれば

お気軽にお問い合わせください。

 

 

【WISC4(ウィスク4)検査をとった後にすること】

 

WISC4(ウィスク4)検査で

子どもの能力が分かったら

 

次にやるべきことは

2つです。

 

それは、

・子どもが苦手とする能力のトレーニング

・苦手なことが少しでも改善するための環境調整

です。

 

能力の上げるためのトレーニングについては

また、別の記事で書きましょう!

 

 

WISC4(ウィスク4)検査を早めに受けたい方はこちらをクリック

 

 

★☆

発達心理サポートセンター

心理士/カウンセラー 車重徳