· 

WISC4(ウィスク4)検査と就労について


WISC4(ウィスク4)検査と聞くと

どうしても子どもの検査、
発達障害の子どもの検査、
不登校の子どもの検査、

と思われる方が
とても多いはずです。

そもそもWISC4(ウィスク4)検査の
適応年齢は

5歳〜16歳11ヶ月

です。

そう考えると
学齢期のことだけを
みる検査だと
思っちゃいますよね。

では、ここで
WISC4(ウィスク4)検査と
お仕事への役立て方を
見ていきましょう。


《自宅でWISC4検査をとりたい人はここをクリック》


【WISC4の空間認識力とは】

WISC4(ウィスク4)検査に
PRI(知覚推理指標)という
ものがあります。

そのPRI(知覚推理指標)の
構成要素の1つに
空間認識力があるのです。


空間認識力とは
三次元のものを三次元だと認識したり
二次元のものを三次元変換したり
する能力のことです。

例えば、ゲームセンターにある
クレーンゲームを思い浮かべてください。

ボタンのある、
ショーケースの正面から

どんなに景品とクレーンまでの
距離を目視したとしても

景品を全く取れない人って
結構、いますよね。。。


とは言っても、
そんなの簡単だよ、
とでも言うように

サクッと景品を取る人もいます。

クレーンゲームで
景品とすぐに取れる人と
取れない人の違い、

これが、空間認識力なんです。


《空間認識力を測りたい人はこちらをクリック》


【WISC4の空間認識力とお仕事】

では、この空間認識力って
お仕事をする際に
どんな仕事に紐付くのでしょうか。

当然ですが、
何かを組み立てる仕事には
該当します。

空間認識力がないと
ちゃんと、その作るべき物が作れない、
ということも考えられるのです。


または、ピッキングや
倉庫整理などのお仕事も
難しい可能性があります。

なぜなら、空間認識力が低い
ということは

倉庫内において
どこに何があるのか
分からない可能性もある
ということです。


当然、運転も危ないでしょう。

物と物、もしくは物と自分の
距離感が掴めない
ということは

以外と色々な業務に
支障をきたす可能性があります。


料理をするのも
空間認識力が必要です。

例えば、野菜を切る際に
同じ大きさに切れないとか

手の上で豆腐を切る際、
包丁をどこまで入れて良いのか
よく分からない、

ということもあるのです。


【営業職に必要な能力とは】

それでは、営業職に就くのに
必要な能力は何でしょうか。

WISC4(ウィスク4)検査の中に
VCI(言語理解指標)というものがあります。

このVCI(言語理解指標)の中に