· 

054【WISC-Ⅳ】WISC4検査の読み方(VCIの言語概念編)

 

WISC4(ウィスク4)検査の結果ですが

以前にFSIQの読み取りについは

記事を書きました。

 

今回は、その続きです。

 

WISC4(ウィスク4)検査の

VCI(言語理解指標)について

書いていきます。

 

 

【WISC4検査のVCI(言語理解指標)の下位検査とは…】

 

WISC4(ウィスク4)検査における

VCI(言語理解指標)は以下の下位検査から

構成されています。

 

基本検査3つ

・類似

・単語

・理解

 

補助検査2つ

・知識

・語の推理

 

通常、基本検査を実施すれば

VCIの数字は出ます。

 

FSIQという全検査IQも

基本検査である類似、単語、理解

のみの検査でOKです。

 

しかし、子どもに対する

主訴に応じて

補助検査をとることもあります。

 

どんな場合、補助検査を実施するのかというと

例えば、

・学校の勉強についていけない

・覚えたことをすぐに忘れてしまう

・学校において、特別支援学級から普通学級や交流級を使う

・進級や進学をする

などです。

 

さらに細かいチェックポイントはありますが、

そこについては、WISC4検査を実施する方のみ

WISC4検査 取り方研修で学んでください。

 

 

WISC4検査を実施したいならここをクリック

 

 

では、WISC4(ウィスク4)検査における

VCI(言語理解指標)から

一体どんなことが分かるのでしょうか。

 

 

【WISC4検査のVCI(言語理解指標)から分かること】

 

VCI(言語理解指標)から分かることは

 

① 言語概念形成(結晶性能力の一部)

② 言語による推理力・思考力(流動性能力)

③ 言語による習得知識(結晶性能力の一部)

 

です。

 

言語概念形成というと

少し難しくなるかもしれません。

 

言語概念というものを

詳しくみていきましょう。

 

 

WISC4(ウィスク4)検査を詳しく学ぶならここをクリック

 

 

【言語概念とは】

 

ことばというものは

その話者の知識や解釈で

本来の意味を拡大解釈してしまったり、

限定的に捉えてしまったりします。

 

例えば、「学校」という

キーワードを聞いた際に

 

子どもが現在、小学校や中学校に

在籍している場合であれば、

その小学校や中学校を思い浮かべるでしょう。

 

しかし、高校として場合、

正式には高等学校なので

高校も学校なのですが、

 

高校に在籍していない場合は

あまり思い浮かべないかもしれません。

 

 

また、知識のある大人であれば

学校=文部科学省管轄のもの

と考える方もいるはずです。

 

そう考えると日本語学校は

どうなるのでしょうか。

 

日本語学校は、正式には

法務省管轄になります。

 

留学であれば、

文部科学省管轄になるのですが、

日本語学校は文部科学省的にみると

「学校」ではないのです。

 

しかし、正式名称が

日本語学校となっています。

 

専門学校は「学校」がついているので

学校なのでしょうか。

 

大学は、「学校」がついていません。

それでも「学校」なのでしょうか。

 

それとも「大学」は大学なのでしょうか。

 

この辺は人によって異なります。

または、現在習得している知識によって

異なるかもしれません。

 

こういったことが

言語概念形成と呼ばれます。

 

言語概念形成の拡大解釈といったりもします。

 

この能力が不足していると

会話が噛み合わないことがあるのです。

 

 

だいぶ長くなってしまいました。

 

結晶性能力や流動性能力、

その他の項目については

 

また別の記事でご説明しましょう。

 

では、また・・・。

 

 

WISC4(ウィスク4)検査を自宅でとるならここをクリック

 

 

★☆

発達心理サポートセンター

心理士/カウンセラー 車重徳