発達障害ラボ



発達検査・知能検査 とり方研修

Vineland-Ⅱ(適応行動尺度) とり方研修 1day

 

Vineland-Ⅱ(適応行動尺度)を自身でとってみませんか。

Vineland-Ⅱのとり方を基礎からご説明します。

 

WISC-Ⅴ検査の検査者レベルに達していなくても、Vineland-Ⅱ(適応行動尺度)であえば検査者レベルに達している方が多数います。

 

 

Vineland-Ⅱ(適応行動尺度)はウェクスラー式検査とは異なり、半構造化面接でおこないます。

そのためWISC-Ⅴ検査のように質問のセリフが固定されている訳ではありません。

 

普通の会話をしながら、こちらが聞きたいことを聞いていくのです。

そのため、ただ雑談をするのではない、ただ決まったセリフで質問するのではないところが、Vineland-Ⅱ(適応行動尺度)の難しさなのです。

 

 

記録用紙は、お申込みの方の郵送します。

 

是非、お申込みください。

 

 

《オンライン研修》

研修は、Zoomで接続します。

パソコンでの視聴を推奨します。

 ※できればカメラ、マイクはオンでお願いいたします。

 ※パソコンが難しい場合は、スマホでの視聴もできます。

 

 

《研修時間》

研修は、平日(月~金)の21:30~23:00のいずれか1日です。

 ※スケジュールは下の▼三角枠からお選びください。

 

 

《Vineland-Ⅱ(適応行動尺度)について》

・適応年齢 0歳 0ヶ月 ~ 92歳 11ヶ月

・検査時間 20分 ~ 60分程度

・診療報酬 280点

 

 

(注意)

・日本文化科学者が定める検査者レベルCもしくはレベルBの方のみ、お申込みください。(詳しくは、日本文化科学社のHPでご確認ください。)

・Vineland-Ⅱ(適応行動尺度)のマニュアルをご用意できる方は、お手元にご用意ください。

・Vineland-Ⅱ(適応行動尺度)の記録用紙を郵送するため、お申込みから研修の実施まで1週間以上明けてください。

 

¥39,600

  • 空席あり
  • お届け日数:1~3日


検査の実施に必要な資格、心理検査使用者レベルについて

 

Vineland-Ⅱ(適応行動尺度)やウェクスラー式検査(WISC、WAIS、WPPSI)には、心理検査使用者レベルというものがあります。詳しくは、日本文化科学者のHPにてご確認ください。

 


レベルA

・保険分野での専門職の方

・医療分野での専門職の方

・福祉分野での専門職の方

・教育分野での専門職の方

で、心理検査を実施する必要がある業務に就いている方

 


レベルB

・保険分野での専門職の方

・医療分野での専門職の方

・福祉分野での専門職の方

・教育分野での専門職の方

の方で

・大学院で心理検査について学んだ方

もしくは

・同等の教育や研究を受けた方

 


レベルC

・保険分野での専門職の方

・医療分野での専門職の方

・福祉分野での専門職の方

・教育分野での専門職の方

の方で

・大学院で心理検査について学んだ方

もしくは

・同等の教育や研究を受けた方

でさらに

・公認心理師

・臨床心理士

・学校心理士

・臨床発達心理士

・特別支援教育士

・医師

・言語聴覚士等

もしくは

・家庭裁判所調査官等

・児童心理司等

の方で業務上、心理検査の実施が必要な方